温かくなったら気にかかることが、臭い。

その中でも頭皮の臭いというのは自分自身では気付きづらく、周りの人からは気づかれやすかったり。

そうならないように頭皮の臭い対策法を見ていただきます!

頭皮の臭いの原因は?

自分自身の頭皮の臭いが心配になったっていうのはないでしょうか?

発汗するようになってお肌がベタつき始めると、体臭というのは気になるものでしょうが、臭っているのに自分自身では気が付かない、こういった盲点が頭皮とも言えます

そうならないように、頭皮の臭いが発生する原因と対策法を確かめてみることにしました。

洗髪時のすすぎ残し&頭皮の皮脂の酸化

頭皮の皮脂腺数はTゾーンのおおよそ2倍と言われており、人間の身体全体で最も皮脂がいっぱい分泌されています

皮脂そのものずばりにおいては臭くありませんが、洗髪の時にちゃんとすすぎ流せなかった皮脂や汗、汚れを餌に、ばい菌の数が増加する時に臭い物質を生じさせます。

さらに、酸化した皮脂(過酸化脂質)が毛穴に詰まって、臭いが発生する原因にもなっていくのです。

洗髪だけに限らず、トリートメントやリンスが原因のゆすぎ残しも、過酸化脂質ができる要因になります。

生乾きのまま寝てしまう&束ねた髪の毛の中がムレている

時間をかけてシャンプーを行っても、ちゃんとドライヤーで乾かさなければ、湿気の中でばい菌が増殖しちゃって臭ってしまうようです。

なぜかというと、生乾きの洗濯物が臭うのと一緒で、バイ菌の増加には、高温多湿なエリアが理想的だからなのです。

まとめた毛髪の中のムレも同じものです。

シャンプーの使い過ぎによる皮脂の分泌過多

頭皮のベタ付きを防御することを考えて1日に何度もシャンプーを行ったり、洗浄パワーの強い洗髪を利用するっていうのは、皮脂を不必要に分泌につなげる要因のひとつです。

なぜなら、頭皮が必要とされる皮脂を取りすぎることによって頭皮が乾ききった状態になって、細胞は油分が不足していると理解し、更に皮脂を分泌させてしまうためなのです。

頭皮の臭い防止方法は?

洗髪時のしっかりした汚れ落とし

洗髪前のブラッシングで、汚れをちゃんと浮かせておくことが必須です。

さらに洗髪する時は、直ちにシャンプーを付けることはしないで、お湯できちんと頭皮をキレイにし、基本にある汚れを落としよりシャンプーをつけたほうがいいでしょう。

その場合、頭皮のキメに洗浄成分が浸透する具合に泡を立てて、後頭部より頭頂部にわたって揉む感じに洗ってした方が良いですよ。

洗髪時はしっかりすすぐ

シャンプーをきちんと洗浄しても、リンスやトリートメントの洗いが不足していると、頭皮に過酸化脂質が引き起こされる原因に。

ですから、全部きちんと綺麗にするだけではなく、リンス・トリートメントは頭皮でなくて毛先を集中的に塗りこむことを意識しましょう

しっかり乾かす

頭皮を乾かし過ぎるというのも駄目なのですが、頭髪は生乾きが発生しないように、100パーセント乾かしてした方が良いですよ。

自分の頭皮状態にあったシャンプーを使う

自分自身の頭皮の皮脂量と違うシャンプーを活用していたら、皮脂が余分に生み出される要因になるから、あなたの頭皮状況を丁寧に理解しましょう。

確認が困難を極めるケースでは、美容師さんに話をすると悪くはないと思います。

アルコールの摂取を控える

動物性の脂肪やたんぱく質、アルコール類は、腸の中で細分化した場合腐敗し、異臭の要因になる物質を生み出すので、バランスのとれた摂り入れを留意したほうがいいでしょう。

頭皮の臭い成分を除去する

緑茶やウーロン茶に含まれるポリフェノール「カテキン」にとっては消臭作用があるので、これらのもので頭皮を拭くと、悪臭が除去しやすくなると思います。

規則正しい生活を送る

イライラすることが多いとホルモンバランスが崩れ、男性ホルモンの作用が活発化されることによって皮脂の分泌アップに直結します。

いかがでしたか? 

頭皮の臭い対策法は体臭対策も兼ねいるので、シャンプー方法を正常化すること以外に、緊張感を減少させた日々の生活に配慮すると丁度よさそうだと言えますね。

 

こちらの記事もおすすめ

今すぐできる臭い人にならない体臭予防策